電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [事務所/盗難]人口590人の島で盗難/金庫から32万円消える(島根県)

[事務所/盗難]人口590人の島で盗難/金庫から32万円消える(島根県)

事務所・オフィス
2016/01/25
人口が少ない地域では事件が起きることはまずありません。このため、盗難などへの備えが甘くなっています。その隙を突くように、人口590人の島根県の小さな島で、金庫から現金が盗まれる事件が起きました。

事件が起きたのは、島根県隠岐諸島にある知夫村です。盗難が発覚したのは、2015年10月23日です。この島の「知夫里島観光協会」が管理していた手提げ金庫から現金6万3千円がなくなっていたことから、職員が村に相談しました。それまでの2回の盗難については、職員は帳簿上のミスと考えて報告していなかったということです。島根県警浦郷署は窃盗事件として捜査しています。

金庫から現金がなくなっているのに、女性嘱託職員が過去2回は帳簿上のミスと判断したのわけがあります。この島は人口600人足らずで刑事事件はめったになく、事件発生は2013年9月以来でした。島の人すべてが顔なじみといえるほどで、お互いを信じあってくらしています。

しかし、この信頼関係が仇となって、セキュリティ対策がない事務所で盗難事件が起きてしまったのです。平和な島にはセキュリティ対策は必要ないと信じられてきたのでしょう。しかし、島の人たちの信頼関係を保つためにも、防犯の備えは必要なのです。

このような事件が一度起きてしまうと、島の人たちの信頼関係が崩れ、疑心暗鬼になってしまいます。今回の事件では、事務所内の防犯カメラがあったら、このような事件は起きなかったはずです。自分の姿をカメラに記録されたら、狭い島なので犯人がすぐに割り出されるからです。防犯カメラの役割で最も大きなウエイトを占めるのは、こうした犯罪を未然に防ぐ高価なのです。

 

 

元記事

産経ニュース

一体、犯人は…隠岐諸島の人口590人の島、村の金庫から32万円なくなる  - http://www.sankei.com/west/news/160114/wst1601140068-n1.html

2016.1.14 18:24

島根県の隠岐諸島にある知夫村で昨年、知夫里島観光協会が管理していた手提げ金庫から現金計約32万円がなくなっていたことが14日、分かった。県警が窃盗事件とみて調べている。村は人口約590人で、浦郷署によると、刑事事件の発生は平成25年9月以来。

村によると、昨年10月23日に6万3千円が金庫からなくなり、不審に思った女性嘱託職員が村に相談して発覚。それ以前にも2回にわたり計26万円がなくなっていた。職員は帳簿上のミスと考え、報告していなかった。

事務所・オフィスのカメラ市場TOPへ

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索