電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [神社・仏閣/通貨偽造]複数の神社で偽造された1万円札が見つかる(福岡)

[神社・仏閣/通貨偽造]複数の神社で偽造された1万円札が見つかる(福岡)

2018/04/26
神社やお寺など賽銭箱を設置している場所では、賽銭泥棒の対策として防犯カメラを設置することがあるでしょう。
また、ゴミの違法投棄や落書きなどの迷惑行為を防ぐために、境内に監視カメラを設置することもあります。
特に、ここ数年は神社の建造物や塀に液体などを掛けるといった悪質な事件がたびたび発生したこともあって、防犯カメラを設置している神社やお寺を目にすることが多くなりました。

そして今回は、福岡県内の神社で偽造された1万円札が見つかり、その1万円札を使ったとみられる不審な男が防犯カメラに映っていたということで、福岡県警が捜査しているということです。
その偽造された1万円札は、福岡県内の複数の神社で見つかっているということですが、ある福岡市内の神社では2018年4月11日に2枚の偽造1万円札が見つかり、ホログラムが張り付けられた同じ番号の1万円札だったようです。

神社では、おみくじやお守り札を授与していることもあり、購入する際に偽造1万円札を使用したのではないでしょうか。
神社やお寺などの場合、一般の店舗やコンビニなどと違い、通常はそれほど多くの人が一度に授与所を訪れることは少ないでしょうが、お正月や受験のシーズン、あるいは各神社の行事・祭りの際には参拝者も多く、そういった機会を狙っての犯行かもしれません。
また、店舗やコンビニでは、レジスターを使用していることが多く、偽札を判別することもできるようですので、神社などが被害の対象になったのかもしれません。

元記事
神社で偽1万円札相次ぐ 防犯カメラに帽子姿の男 福岡
https://www.asahi.com/articles/ASL4M3GDXL4MTIPE00B.html
朝日新聞デジタル 2018/4/19 20:07

福岡県内の複数の神社で今月、偽造とみられる1万円札が見つかった事件で、福岡市内の神社の防犯カメラに、不審な男が映っていたことが19日、神社関係者への取材でわかった。県警も把握しており、通貨偽造・同行使の疑いもあるとみて調べている。
福岡市内の神社では11日午後、巫女(みこ)が前日午後からの経理を締めるために1万円札を数えていた際、色が異なる2枚の札に気がついた。巫女は「青っぽく、旧札が交じっているのかと思った」と説明。2枚は同じ札番号でホログラムは貼り付けたものだったという。

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

画質から選ぶ

  • 52万画素
  • 100万画素
  • 200万画素
  • 300万画素

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索