電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [店舗/セクハラ]セクハラ行為で男性警視が停職処分(沖縄県)

[店舗/セクハラ]セクハラ行為で男性警視が停職処分(沖縄県)

店舗・コンビニ
2018/02/22
今回のニュースは、沖縄県警の発表に基づくニュースですが、事件の犯人逮捕といったニュースではなく、2018年2月16日付けの沖縄県警の不祥事に関する発表のニュースということになります。
その発表の内容は、大阪県警本部に勤務する58歳の男性警視が停職6ヶ月の懲戒処分を受けたことにより、同日に依願退職したというものですが、停職6ヶ月の要因となった事件が、この警視による知人男性へのセクハラということです。
ただし、そのセクハラも2016年11月と2017年4月に行われたセクハラであり、停職の処分が下されるまでに、かなりの時間がかかっている印象を受けます。

セクハラの内容としては、2016年11月の場合は、那覇市内の居酒屋で知人男性に対してキスをするというもので、2017年4月の場合は、車中で同じ男性にキスをした上、ズボンの上から男性の下腹部を触るというセクハラになります。
この被害を受けた男性は、同意がなかったものとしてセクハラを訴えているわけですが、事件としての立件は望んでいないということもあり、加害者の男性警視には、停職という処分が下されたようです。

居酒屋など飲食店で酔った結果、こういったセクハラ行為などが行われるケースもあり、被害者の主張を確認する上で、防犯カメラが役立つこともあるでしょう。
今回は、事件として扱われないために、防犯カメラの有無などは報道されていませんが、おそらく警察への批判は避けられず、沖縄県警首席監察官の言葉にもあるように、信頼回復に向けて取り組むことになるでしょう。
元記事
知人男性にキスした男性警視、停職6カ月に 沖縄県警
https://www.asahi.com/articles/ASL2J4S75L2JTIPE01T.html

朝日新聞デジタル 2018/2/16 16:02

20代の知人男性にキスをするなどセクハラ行為をしたとして、沖縄県警は16日、県警本部勤務の男性警視(58)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。警視は同日付で依願退職した。
県警によると、警視は2016年11月、那覇市内の居酒屋で知人男性にキスをした。また、17年4月には、沖縄市内に止めた自分の車の中で、同じ男性にキスをし、ズボンの上から下腹部を触った。男性の同意はなかったといい、警視は事実を認めた上で「体育会系のノリで悪ふざけのつもりだった」と話したという。
県警は、男性が立件を望んでいないため事件にはしない、と説明している。
県警の平良英俊(たいらえいしゅん)首席監察官は「幹部職員による事案で誠に遺憾。県民の信頼回復のため、再発防止に取り組む」とコメントを出した。

店舗・コンビニのカメラ市場TOPへ

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索