電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [工場/集団感染]三重県の工場ではしかの集団感染が発生(三重県)

[工場/集団感染]三重県の工場ではしかの集団感染が発生(三重県)

工場
2017/02/24
三重県では、2017年1月28日から発熱や発疹の症状が出て、2月2日に医療機関を受診した10代の女性が、はしかに感染していたことがわかりました。
はしかは、麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患であり、感染力が強いことでもよく知られています。
ただ、日本では、麻疹の予防接種として定期的な予防接種のスケジュールが組まれ、幼児期の2度の予防接種によって、はしかを発症することは少なくなっているはずです。

ところが今回は、10代の女性が感染しただけでなく、この女性の職場でもある三重県多気郡内の工場で働く従業員10人が、はしかに集団感染していたことがわかりました。
実は、はしかは予防接種を行っているとは言え、年代によって予防接種の時期が変わったり、任意接種の時期もあり、予防接種を受けていない人、あるいは回数を満たしていない人、免疫が効かなくなっている人などもいて、今回のように集団感染という事態が発生することもあるようです。

過去には、外国ではしかに感染して帰国し、空港職員や医師に感染が広がったこともあり、感染してから発症するまでは1~2週間かかるようですが、発症しても発熱や倦怠感といった風邪に似た症状であることから、はしかとは気付かずに職場などで集団感染ということにもなりかねません。
はしかは、空気感染・飛沫感染・接触感染とさまざま経路で感染するため、工場内などは感染しやすい環境とも言えるでしょう。
今回は、工場がどのような製品を扱っているのかはわかりませんが、工場での従業員の体調管理などに監視カメラを用いるなどの対策を取っている企業もあり、サーモスタットによる体温の監視を行うことなどが有効ではないでしょうか。

元記事
はしかに10人が集団感染 三重県の工場で
http://www.asahi.com/articles/ASK2867BMK28ONFB00R.html
朝日新聞デジタル 2017/2/8 20:50
三重県は8日、同県多気郡内の工場で10~40代の従業員男女計10人がはしか(麻疹)に集団感染し、ほかに同県松阪市内の医療機関に勤務する30代女性の感染も判明したと発表した。県は工場に感染拡大の防止を指導するとともに、感染経路を調べている。
県によると、工場の10代の女性従業員が1月28日以降、発熱や発疹の症状を示し、2月2日に松阪市の医療機関を受診。感染が判明した。松阪保健所などが調査し、工場での集団感染が分かった。いずれも軽症で、すでに回復したか快方に向かっているという。

工場のカメラ市場TOPへ

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

画質から選ぶ

  • 52万画素
  • 100万画素
  • 200万画素
  • 300万画素

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索