電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [太陽光発電/盗難]ゴルフ場跡にメガソーラー/盗難への備えは?(宮城県)

[太陽光発電/盗難]ゴルフ場跡にメガソーラー/盗難への備えは?(宮城県)

太陽光発電
2015/06/10
自然エネルギーを利用した発電施設の建設ラッシュが続いています。宮城県では、風力発電の大手が大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設しました。建設場所はゴルフ場跡地で、面積は約80ヘクタールもあります。こんな広大な敷地でソーラーパネルなどの盗難への備えは大丈夫だろうかという声も聞こえてきそうです。

このメガソーラーは、東京のユーラスエナジーホールディングス社が宮城県丸森町に建設した「ユーラス天明ソーラーパーク」です。同町大内のゴルフ場跡地約80ヘクタールにソーラーパネル約7万3500枚を設置し、出力は1万4000キロワットで、年間発電量は一般家庭約5000世帯分に相当するということです。発電した全量を20年間、東北電力に売電するとのことで、総事業費は約60億円です。

ここで気になるのが、滋賀県を中心に各地で多発するメガソーラーを狙った盗難です。メガソーラーでは、ソーラーパネルだけでなく、送電ケーブルも盗まれて大きな被害が出ています。メガソーラーが狙われるのは、人家が少ない山間地や草原に建てられることが多いうえ、敷地が広いため監視の目が届きにくいことです。今回完成したメガソーラーはゴルフ場跡地ですが、立地環境という面では、ゴルフ場はメガソーラーとよく似ているので、メガソーラーの防犯対策を参考にする手があります。

メガソーラーでは、敷地の周囲に赤外線ビームセンサーを張り巡らせて、侵入者を検知すると音と光で警告するシステムが盗難防止に効果を挙げています。山あいにあるゴルフ場跡地なので、犬やタヌキなどが入り込んできますが、センサーは地上1メートルまでに4本も張り巡らせてあり、この4本すべてが感知しないと反応しないので、動物が通ったからといって警告を発することはありません。

メガソーラーで培ったセキュリティ対策を進めれば、休業状態のところが多いゴルフ場跡地のメガソーラー転用に、さらに拍車が掛かるかもしれません。

太陽光発電のカメラ市場TOPへ

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

画質から選ぶ

  • 52万画素
  • 100万画素
  • 200万画素
  • 300万画素

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索