電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [神社/器物損壊]滋賀県の神社の門に悪質な落書きが見つかる(滋賀県)

[神社/器物損壊]滋賀県の神社の門に悪質な落書きが見つかる(滋賀県)

2017/02/24
滋賀県では、彦根市の公園の地蔵が川に捨てられるという事件が発生したばかりですが、今回は滋賀県野洲市の春日神社の神門の柱に、落書きをされていたということです。
この野洲市の春日神社は662年に創建され、被害に遭った神門は1511年頃に建てられたということです。
この神門は春日神社の境内入り口にあり、桧皮葺の切妻屋根の乗った棟門であり、室町時代の建造物ということで、国の重用文化財に指定されています。

落書きが発見されたのは1月24日のことで、文化財の防火の点検中に発見されました。
柱の太さは15センチほどということですが、一つの文字が約10センチということで、かなり大きな傷となっているのでしょう。
また、敷地内には鎌倉時代に作られた対の狛犬が鎮座していますが、こちらには被害はなかったようです。

こうした神社や仏閣がたびたび被害に遭うような事件が、繰り返し発生しています。
昔から、単純に落書きと呼ばれる程度の傷が付けられることは、神社や仏閣に限らず、さまざまな場所で行われてきましたが、その多くは悪意のない物であったはずですが、それでも重要文化財ともなれば、損害賠償等の対象になることがあると思います。

ただ、今回のように、地蔵が捨てられたり、落書きの文字から考えると、単純な落書きとは言えないのかもしれません。
春日神社では、被害届を出すということですので、器物損壊等の容疑で犯人逮捕に向けて捜査を行うことになると思います。

また、今後はますます神社や仏閣には監視カメラを設置するなどの防犯対策・警備が不可欠になってくるでしょう。
元記事
罰当たり! 神社の重文の門に落書き「バカ」「シヌ」 滋賀・野洲
http://www.sankei.com/west/news/170125/wst1701250051-n1.html

産経ニュース 2017/1/25 14:03
滋賀県野洲市教育委員会は25日、同市高木の春日神社で、国の重要文化財「神門」の柱2本に「バカ」「シヌ」とそれぞれ落書きされていたと明らかにした。神門は室町時代の1511年ごろの建立とされ、神社は県警に被害届を出す方針。

市教委によると、門を支える2本の控え柱(太さ約15センチ)の高さ約150センチの位置に、何かで引っかいたとみられる1文字約10センチの落書きがあった。

24日午前11時ごろ、神社の宮司や市教委の職員らが文化財の防火運動に伴う点検中に発見した。

滋賀県では今月、彦根市の公園内の地蔵が近くの川に捨てられ、ほこらに「日本死ね」などと落書きされたのが見つかっている。

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

画質から選ぶ

  • 52万画素
  • 100万画素
  • 200万画素
  • 300万画素

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索