電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [病院/殺人]歯科医院の院長が刃物で刺されて死亡(岐阜県)

[病院/殺人]歯科医院の院長が刃物で刺されて死亡(岐阜県)

2017/01/26
2017年1月20日に、岐阜市の歯科医院で、男性院長が刃物で刺されるという事件が発生しました。
この院長は、病院に搬送されたものの、間もなく死亡が確認されたということです。
事件が起こったのは、午後2時15分頃ということですので、深夜に押し入った強盗といったたぐいのものではなく、診療時間帯での事件です。

実際、110番通報を行ったのは歯科医院の職員であり、通報の内容も患者が暴れているという内容のもので、患者として同院を訪れて犯行に及んだということになります。
この犯人は、岐阜北署員によって殺人未遂容疑で現行犯逮捕されましたが、院長を刺した凶器の刃物は自分で用意したものであり、殺害するつもりで刺したと話していることから、容疑は殺人に切り替えて調べることになりそうです。

様々な殺傷事件の中には、恨みつらみから犯行に及ぶケースも多く、病院に入院中の患者と、その関係者が病院内でトラブルを起こすケースもあります。
特に、傷害事件などで怪我を負って入院している患者がいれば、より警戒も必要になるでしょう。
また、治療を巡って病院関係者と患者の間でトラブルが発生することもあるでしょう。
そういったことを警戒するためにも、病院内の監視カメラは欠かせないわけですが、今回の事件の現場となった歯科医院では、患者とのトラブルを警戒するような対策を取ることはなかったかと思われます。
そして、容疑者はすぐに逮捕されていますので、今後は殺害の動機などの取り調べが行われるものと思います。

元記事
歯科医院で院長刺され死亡 殺人未遂容疑で男を逮捕
http://www.asahi.com/articles/ASK1N55SXK1NOHGB00G.html?iref=com_rnavi_arank_nr05
朝日新聞デジタル 2017/1/20 16:26

20日午後2時15分ごろ、岐阜市黒野南2丁目の歯科医院「渕野歯科」の院内で、「患者が暴れている」と110番通報があった。その後、職員が処置室を確認すると、50代の男性院長が刃物で刺され、血を流して倒れていた。院長は病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

岐阜北署は、院長を刃物で刺して殺そうとしたとして、逃走していた男を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切りかえて調べを進めている。

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索