電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [病院/侵入]点滴への異物混入による死亡事件のあった病院に侵入(神奈川県)

[病院/侵入]点滴への異物混入による死亡事件のあった病院に侵入(神奈川県)

2016/12/12
2016年9月に神奈川県横浜市の大口病院で発生した、入院患者の男性が点滴への異物混入で死亡した事件は記憶に新しいものですが、おそらく事件が発生してから後、マスコミの取材や興味本位での見学者などが後を絶たず、病院関係者や入院患者さんは事件の延長上の被害を被っていることでしょう。
そんな大口病院に無断で立ち入った二人の男が、建造物侵入の疑いで現行犯逮捕されました。
男のうち一人は46歳の雑誌記者、もう一人は20歳の大学生ということです。

この大学生が病院内をスマホで撮影していたということですが、おそらく事件後の病院内を記事にするための行動かと思われます。
今回の事件に限らず、事件現場を繰り返し取材したりすることはよくあるのかもしれませんが、やはり病院であれば無関係の人間も多くいることでもあり、きちんとした手続きを踏むなどの配慮が必要でしょう。
しかもスマホでの撮影は、取材に限らず盗撮と判断されても弁解できない行為です。

この大口病院では、入院病棟を閉鎖する予定ということですが、事件の事実関係が明るみに出るまでは、病院で働く従業員の方も、同病院に通院されている方も安心はできません。
犯人の特定は警察に任せるしかないでしょうが、今後の警備を考えれば、防犯カメラや監視カメラを増やし、事件や事故などが起こらないような対策を講じる必要があると思います。

また、模倣犯なのか、同じように点滴に穴が開けられ異物は確認できなかったというような事件も発生していますので、病院の警備は万全を期したいものです。
元記事
大口病院に無断侵入疑い 雑誌記者ら2人逮捕 神奈川県警
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG30HB7_Q6A930C1CR8000/
日本経済新聞 2016/9/30 23:09

入院患者の中毒死事件があった大口病院(横浜市神奈川区)に無断で立ち入ったとして、神奈川県警神奈川署は30日、扶桑社記者の男(46)=東京都杉並区善福寺3=と、私立大学生の男(20)=同区西荻北1=を建造物侵入の疑いで現行犯逮捕した。同署によると、2人は「病院内を撮影するため侵入した」と話している。
神奈川署によると、30日夕、同病院の4階廊下で大学生がスマートフォンをかざしながら歩いているのを看護師が発見。警備員に取り押さえられた大学生は記者に「トラブルになった」と電話した。
現場に駆けつけた記者が、病院職員に無許可で侵入したことを認めたため、病院が同署に110番した。2人は知り合いといい、同署は詳しい経緯を調べる。
扶桑社は「『週刊SPA!』の記者がスタッフと大口病院を取材しているという話は把握していたが、逮捕については事実関係を確認中」としている

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

画質から選ぶ

  • 52万画素
  • 100万画素
  • 200万画素
  • 300万画素

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索