電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [病院/器物損壊]北九州の病院で穴の開いた未使用の点滴袋が見つかる(福岡県)

[病院/器物損壊]北九州の病院で穴の開いた未使用の点滴袋が見つかる(福岡県)

2016/12/12
横浜の病院で複数の死亡者が出た原因が、点滴への異物混入と見られていますが、同じような犯罪を狙ったものかどうかわかりませんが、福岡県北九州の病院でも、点滴袋に穴が開けられているのが見つかりました。
穴の開いた点滴袋が見つかったのは2016年11月20日のことですが、初めてのことではなく、10月にも穴の開いた点滴袋が見つかっており、さらに薬品が紛失していたということです。

穴の開いた点滴袋は未使用の状態で発見され、患者さんに投与されることはなかったと思われますが、たとえ異物などが混入していなかったとしても、点滴袋に穴を開けることができたというだけでも、管理に問題があるのは確かでしょう。
万が一、患者さんに投与されていれば、どんな事件に発展したかわかりません。

また、この病院では、10月に穴の開いた点滴袋が見つかったこともあり、その後、ナースステーションに防犯カメラを設置したということですが、たまたま11月20日は防犯カメラが作動していなかったということです。
この日は、防犯カメラの点検作業が行うためにスイッチが切られていたようですが、そういった事情を知った人物が、防犯カメラの作動していない時間を狙って犯行に及んだ可能性もあるようです。

横浜の病院での点滴への異物混入による死亡事故の後、多くの病院で防犯対策を検討して、防犯カメラの設置を行ったことと思いますが、定期点検は必須であり、防犯カメラが作動していない時間帯は、いつも以上に薬品の管理を厳重に行う必要があるでしょう。

元記事

北九州の病院で点滴袋に穴、先月も同様の被害
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2919981.html

TBSニュース 2016/11/21 01:11

福岡県北九州市の病院で20日、点滴袋に穴が開けられているのが見つかりました。この病院では、先月にも穴の開いた点滴袋が見つかっています。
20日午後、北九州市の産業医科大学病院で、未使用の点滴袋1個に針で刺したような穴が開けられているのを看護師が発見しました。同じ病棟では、先月にも点滴袋に穴が開けられているのが見つかったほか、薬品が紛失していました。

病院は先月の事件を受け、ナースステーションに防犯カメラを設置しましたが、20日は点検のため作動していなかったということです。

警察が、内部の犯行の可能性も視野に捜査しています。

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索