電話番号

無料見積もり
防犯設備士が 無料で訪問

防犯カメラ専門・防犯カメラナビTOP > 最新防犯ニュース一覧 > [造船所/火災]建造中の客船が3度目の火災/放火の疑いも(長崎県)

[造船所/火災]建造中の客船が3度目の火災/放火の疑いも(長崎県)

工場
2016/02/04
工場での火災といえば、工場そのものが燃えるというケースがほとんどですが、造船所では、建造中の船から火が出ることがあります。溶接など火を使うことが多いのが要因ですが、何度も相次いで起きるというのは異常です。長崎県の大規模造船所では1ヶ月に3度も火災が起きました。どう見ても放火の疑いが濃厚です。

連続火災が起きたのは、長崎市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場です。建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で、2016年」1月11日、13日、31日と相次いで出火し、船内の劇場用区画などが燃えました。いずれもけが人はいませんでしたが、深夜から未明にかけて、火の気が無い場所ばかりなので放火とみられます。

最初に日が出た1月11日は、午後8時半ごろ、客船7階の劇場用区画付近の電気配線や段ボールなどが燃えました。13日は午後8時40分ごろに、5階客製の火災報知機が作動し、駆け付けた作業員が木製の台の布が燃えているのをみつけ、消し止めました。客室では内装以外の作業がほぼ終わっていたので火の気ななかったということです。3度目の31日は、未明に段ボール箱などが燃えているのを外国人作業員が見つけて消し止めました。火元は客船内の通路で、複数の段ボールや断熱材などが萌えました。出火時間帯には周囲で作業をしている作業員はおらず、火の気もありませんでした。

豪華客船だけに、建造中とはいえ大きなビルに匹敵する規模で、火災への備えは並大抵ではありません。11日の火災では煙を感知してるスプリンクラーが作動、13日の火災は火災報知機が感知して作動、31日の火災は作業員が見つけるといった具合に、覚知の経緯はさまざまです。客室も多いので、放火とすれば現場を押さえるのは至難の業です。こういった場合は、船そのものを工場とみなして、船の出入口に設置してある防犯カメラを増設し、各階での人の出入を厳重にチェックするなどの監視体制を強化する必要があります。こうした対応を迅速に取って、犯人にセキュリティを強化したことを印象付けることが、再発防止につながります。

 

元記事2016.1.31 14:18                           産経ニュース長崎造船所で建造中の客船火災 今年3度目、放火疑いもhttp://www.sankei.com/west/news/160131/wst1601310066-n1.html

31日未明、三菱重工業長崎造船所(長崎市)の香焼工場で建造中の豪華客船「アイーダ・プリマ」で、段ボール箱などが燃えているのを外国人作業員が見つけ、火を消した。けが人はなかった。船内での火災は1月に入り3度目。長崎県警大浦署は、放火の可能性もあるとみて調べている。

大浦署や地元消防によると、火元は客船内の通路。複数の段ボールや断熱材などが燃えた。出火時は周囲で作業をしておらず、火の気もなったという。

 

元記事

2016.1.15 07:00                              産経ニュース 三菱重工長崎で建造中の大型客船、13日にもボヤ -http://www.sankei.com/region/news/160115/rgn1601150001-n1.html

三菱重工業長崎造船所(長崎市)の香焼工場で建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」で、11日夜の葛西に続き13日夜にもぼや騒ぎがあったことが14日、長崎県警大浦署などへの取材で分かった。どちらの火災もけが人はいなかった。

大浦署によると、ぼやは13日午後8時40分ごろ発生。5階客室の火災報知機が作動し、駆け付けた作業員2人が木製の台の上に置かれた布が燃えているのを見つけ、すぐに火を消した。客室では内装以外の作業がほぼ終わり、火の気ななかったという。同署は出火原因を調べており、部屋で作業をした人からも事情を聴いている。

この客船では11日夜にも7階の劇場用区画の近くで電気配線や段ボールなどが燃え、鎮火まで3時間以上かかる火災が起こったばかりだった。

長崎造船所は「日頃から、可燃物の取り扱いに注意するように呼びかけていた。ぼやの原因が特定されれば、再度強く注意を促す」(総務グループ)としている。

 

元記事                                 2016.1.12 12:11 産経ニュース                       建造中の大型客船で火災、15平方メートル焼く 長崎造船所 -http://www.sankei.com/west/news/160112/wst1601120037-n1.html

11日午後8時半ごろ、長崎市香焼町の三菱重工業長崎乗船所香焼工場で、建造中の大型客船「アイーダ・プリマ」から出火、7階の劇場用区画付近の約15平方メートルが燃えた。けが人はいなかった。

長崎県警大浦署や消防によると、電気配線が火元とみられるという。煙で船内のスプリンクラーが作動。消防車13台も出動して消火に当たり、約1時間後の火の勢いは収まった。工場関係者から「船内で煙が充満している」と119番があった。

工場のカメラ市場TOPへ

あなたが防犯対策をしたい場所はどこですか?

防犯カメラナビの3つのお約束

防犯カメラナビの3つのお約束

選ばれる理由

メディア実績

商品から選ぶ

  • 屋外用カメラ
  • ネットワーク
  • PTZカメラ
  • ボックスカメラ
  • ドームカメラ
  • 録画装置
  • モニター
  • ダミーカメラ
  • 周辺機器
  • 全方位カメラ

防犯システム

  • 屋外センサ
  • 室内センサ
  • 火災センサ
  • 威嚇サイレン
  • センサライト
  • マイクスピーカー(聞く・しゃべる)
  • コントローラー
  • ワイヤレスシステム
  • 緊急通報装置

設置場所からさがす

  • Canon
  • SONY
  • MITSUBISHI
  • HITACHI
  • SAMSUNG
  • BOSCH
  • Victor
  • Panasonic
  • SANYO
  • AXIS
  • TENPO
  • LG
  • Ikegami
  • audio-technica
  • 募集中
  • 代理店募集
  • 防犯カメラNAVI
  • 遠隔監視ナビ
  • カメラ工事ナビ
  • ALPA.net

商品検索